BMZ cuboid balance K-FIT インソール 厚さ : 約3.8mm

健康に良い事はもちろんですが、精神的にも満たされます。
自転車に乗ることは健康には良いことなんですが、精神的には満たされていませんでした。
確認しておくことがおススメ!

BMZ cuboid balance K-FIT インソール 厚さ : 約3.8mm
BMZ cuboid balance K-FIT インソール 厚さ : 約3.8mm
販売価格 3,645円

数多くのスポーツ選手を勝利に導くお手伝いを成し遂げたBMZインソール。

立方骨を中心に足の骨格バランスを整える、独自の「BMZ Cuboid Balance」理論(特許取得)に基づき、「立方骨を適度に支え土踏まずを支え過ぎない」安定性と運動性を両立させるインソールです。

ウインタースポーツの選手をはじめ、野球、サッカー、自転車、ゴルフ、フェンシング、フットサル、そしてモータースポーツのドライバーまで、プロの選手の立方骨(cuboid)を支えてきたBMZインソール。

満を持して自転車用のインソールをリリースしました。

第2の心臓・・・・・人の下半身には全身の筋肉の 2/3 が集中しています。

歩いたり走ったり、下半身をいっせいに動かすこと自体が血液を循環させることと同義であるがゆえ、足は第2の心臓と言われています。

では、その足のなかでカラダのバランスや運動能力を司る場所はどこでしょう? そう、それは足の裏。

とりわけ「土踏まず」が重要です。

クツの中敷き「インソール」に機能を持たせた商品が多いのはこのためです。

サイズ : 22.0-23.5cm、24.0-24.5cm、25.0-25.5cm、26.0-26.5cm、27.0-28.5cm 厚さ : 約3.8mm(爪先部) 素材 : 表面 EVA樹脂/ベース特殊高反発弾性体 用途 : ラン/バイク兼用 BMZ独自の「BMZ Cuboid Balance」 足の裏の吹き抜けを支える cuboid・・・・・土踏まず。

それは親指と小指の付け根、そして踵(かかと)の3点で構成されるアーチのことを言います。

このアーチを含んだつま先から踵までの「足」に課された機能とは、足の外側「外足部」がカラダの安定性、足の内側「内足部」がカラダの運動性を司ることです。

骨の構造上、内足部は外足部の上に乗るかたちで機能しており、カラダの安定を司る外側部のアーチの中心となるのが「立方骨(cuboid)」です。

BMZインソールの考え方は、立方骨を下から支えることで外足部の安定を確保。

尚且つ内足部を動きやすくすることで「足が自由に動く」極々自然な機能を是としており、BMZはこれを“Cuboid Balance”と呼んでいます。

Cuboid Balanceにより足首や膝への負担が減り、カラダのレスポンス性や安定性を引き出し、ケガの予防にも一役買うというわけです。

土踏まずを固定するインソールとは違った概念ですが、一流のスポーツ選手がその優秀性を証明しています。

BMZ cuboid balance 理論では、足全体のアーチである、横アーチ、内足アーチ、外足アーチをバラバラに考えるのではなく、一つの連動したものとして考えるため、足のドームと呼びます。

商品のカラー・サイズについて 商品のカラーはディスプレイの種類等により、実物と異なって見える場合がございます。

掲載商品の仕様、ロゴ等のデザインは改良のため、変更される場合がございます。

また、メーカーが発表していない寸法や個人的なフィット感についてはお答えいたしかねます。

あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。