BMC (ビーエムシー) 2018モデル Timemachine 02 THREE 105 グレー サイズL 完成車

いろんなところに乗っていって、見せびらかしたくなります。
自転車の事が単なる移動の道具になっていました。
見るだけでも楽しめます!

BMC (ビーエムシー) 2018モデル Timemachine 02 THREE 105 グレー サイズL 完成車
BMC (ビーエムシー) 2018モデル Timemachine 02 THREE 105 グレー サイズL 完成車
販売価格 330,400円

(BMC 2018)(新品0112)(time02)■他サイズはこちら ・S・M-S ・L ■状態:新品■商品説明・BMC(ビーエムシー)BMCは、アメリカ人ボブ・ビゲロー氏が1986年、ラレーブランドの自転車を組み立て、卸売販売するために設立したのがその歴史のはじまりでした。

そして1995年、ラレーブランドのライセンスが失われると同時に、自転車のマニュファクチュアリングカンパニーとして新たにBMCブランドを生み出します。

ブランド設立当初は苦難の連続でしたが、2001年に現在の所有者アンディ・リースがBMCを完全買収し、新しい方向性を与えます。

エンジニアリング、設計、マーケティング、全てに一貫した企業理念として「スタイル、パッション、プレシジョン」を掲げ、これが転換の礎となったのです。

BMC製品はこうした理念の元、その手に情熱を込めたスタッフと、技術革新によって可能性を広げていこうという気概ある外部パートナーによって支えられているのです。

・Timemachineトライアスロン選手のニーズを研究して4年、空力学専門社ザウバー・エンジニアリングとパートナシップを組んで3年、そして最終製品開発に2年をかけた傑作: Timemachineはトライアスロンギアの新ベンチマークになる。

BMCのSubAエアロパフォーマンスを向上させ、Timemachineのコンセプトを再確認し、さらに磨き上げた: 新しいチューブ シェイプ、コンポーネント インテグレーション、そしてライダー ポジショニング システム。

ミドルからロングのトライアスロンで頂点を目指すアスリートに欠かせない武器になる。

もちろん、ロードタイムトライアルにおいても、UCI規定を守るためのサドルポジションシステム、究極なエアロポジションが出せるコックピットオプションなどが用意されています。

■材質・フレーム:カーボン・フォーク:カーボン・ホイール(リム):アルミ・ホイール(ハブ):アルミ■サイズ・適応身長:-・撮影時サドル高(BB-TOP):-・シートチューブ長(C-T):-・トップチューブ長(C-C):-・ヘッドチューブ長:- ■重量:- ■スペック・フロントブレーキ仕様:- ・レバー:Dura Ace BarEnd ・フロントディレーラー:Shimano 105 ・リアディレーラー:Shimano 105 ・クランク:Shimano 105, 53-39T ・スプロケット:Shimano 105, 11-28T ・ブレーキ:105 Direct Mount ・ハンドル(C-C) mmProfile T2 Wing / T4+ AL with J2 brackets , F40 AL armrests ・ステム: BMC RSM 03 ・シートポスト:Vmax Aeroプレミアムフルカーボン、 p2pシステム: 21/7/-7/-21mm オフセット、デュアルマウントシステム ・サドル:Fi’zi:k Arione Tri 2 ・ホイール:Shimano WH-RS010 ・ペダル:- ・付属品:- ・特記事項:-