ピストバイク YONCa(ヨンジャ) シングルスピード TOKYO CUSTOM 自転車 (マットブラック)【翌営業日発送対応】02P27Sep14

健康に良い事はもちろんですが、精神的にも満たされます。
思い入れが無い自転車だと自転車を雑に扱うなど、していました。
見ておくことをおススメします。

ピストバイク YONCa(ヨンジャ) シングルスピード TOKYO CUSTOM 自転車 (マットブラック)【翌営業日発送対応】02P27Sep14
ピストバイク YONCa(ヨンジャ) シングルスピード TOKYO CUSTOM 自転車 (マットブラック)【翌営業日発送対応】02P27Sep14
販売価格 34,799円

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載していますビーチクルーザーの『南国の風』と、ネットショップの『LIBBY JAPAN』のコラボ企画により新規に開発されたピストバイク、シングルギアの 「YONCa-シングルスピード TOKYO CUSTOM」です。

「走る・曲がる・止まる」を重視して製作されたストリート仕様のバイクです。

構想10カ月、製作2カ月と十分な製造期間をかけて作った自信作です。

ポイントは、フリーギアと固定ギアを選べるWコグ仕様なこと。

これにより、その時の用途や気分で、リアタイヤをひっくり返すだけで、切り替えができます。

固定ギアは下り坂でもカーブでも常に漕いでる状態になりますので、慣れが必要です。

また、タイヤにはKENDA、サドルとグリップはVELO等の高級部品を使っております。

見た目の良さだけではなく、実用面でも乗り心地を良くしで疲労を軽減してます。

ホイールも錆びにくい材質を使っております。

こちらの自転車は、開発者本人が実際に最終的に中国工場まで行き、走行テストも行っております。

乗車インプレッションは、まずライディングポジションが楽なことです。

ノーマルでは、ハンドルステムを上向きタイプにしてあるため、軽い前傾姿勢となってます。

また、VELOのサドルがちょうどいい堅さで非常に疲労が少ないです。

一番いいと思ったのは、やはりシングルギアのためペダルを漕いだときにタイヤへ力がダイレクトに伝わる感じで、パワーロスが少ないんだということです。

往復40kmの通勤でも、十分通用してます。

ご購入後にライザーバーや、カラータイヤ等にカスタムしやすさを考えて、価格も安く設定しております。

この装備でこの価格は非常にお買い得です。

(比較していただければわかりますが、同スペック車では通常、7万円以上します)

スペックサイズ: 171×51×105cm車重:11kgヘッドパーツ:NECO 34*30 8pcsハンドル:フラットハンドル幅510mm 径25.4mmタイヤサイズ:KENDA 700×28Cリ ム:アルミ製 DOUBLE WALL 700C ALLEX LOGOスポーク:ステンレス製 ニップル:銅フレームサイズ:510mmフレーム素材:クロモリギア 前:46T(クランク長:170mm)ギア後:16T(フリー&固定)※Wコグ仕様→標準はフリーです。

ハン ドルステム径:28.6mmシートピラー径:25.4mm(長さ:300mm)ブレーキ前:PROMAXブレーキ後:PROMAXブレーキレバー:PROMAXグリップ:VELOBBパーツ:NECO B910チェーン:KMCペダル:WELLGOカラー:マットブラック※8割完成車(要取り付け調整→前輪、ハンドル、ペダル等)PL保険加入済み中国工場での生産の様子をご紹介はこちら→グリップはVELO製です。

素手で乗っても滑りにくいです。

ヘッドパーツは信頼のNECO製です。

サドルは乗り心地が良く疲労が少ないVELO製です。

流線型のフォルムが速さを感じさせます。

ブレーキは有名なPROMAX製です。

111111信頼のwellgo製ペダル(滑りにくいタイプです)ロゴはYONCaならではのおしゃれなシールです。

前ギアは46Tですっきりしたデザインです。

後ろギアは16T(Wコグ仕様※ひっくり返せば固定ギアです)乗車可能目安:身長160cm以上 ※下記画像寸法を参考にしてください。

(ご自身の股下寸法を測ってみれば乗車可能かどうか判断できます)

後悔しない PISTO(ピスト)選び(店長より)初心者のPISTO選びは、まず形(見た目のデザイン)から。

PISTOが気になるけど何を選んだらいいかわからない場合は、こちらのYONCa(ヨンジャ)シングルスピード TOKYO CUSTOM がお薦めです。

初めてピストを買う場合に心配になるのが、今までの自転車の代わりになるかどうかが一番気になるところです。

こちらのYONCaは、「走る・止まる・曲がる」を重視して作っておりますので、つまり乗り易い設計ですので、一般の自転車以上に乗り易いと思います。

そして、フレームがクロモリであると言うことは、耐久性と乗り心地を併せ持っております。

アルミは、耐久性と乗り心地が悪いです。

ハイテンスチールは重いです。

カーボンはコストが高くリサイクルもできにくいので、環境にやさしくありません。

いろんな意味でクロモリがフレーム素材としては一番いいと思います。

YONCaの一番のセールスポイントは、コストパフォーマンスです。

基本的には実売価格が7〜8万円の商品と同等のパーツを使っております。

こちらは、メーカーからの直売のため中間費用がかかってないため、このような低価格を実現させました。

値段が高くてかっこいいだけで乗りにくい自転車はたくさんありますが、乗りにくさをマイナスポイントと考えるか、その自転車の個性だとプラスポイントに考えるかは、ユーザー次第ですが、普通に考えれば、乗り易いに越したことはないです。

乗り易さは安全につながるとも言えます。

最初から、トリックをしようと思っているのであれば、5万円以上の商品を選んだ方がいいです。

また、2万円前半でもピストは売られてますが、それらは、言うならばピストの形をしたママチャリと思ってください。

もちらん、安ければ何でもいいという方はそちらをお薦めします。

ですので、迷ったら YONCa(ヨンジャ)シングルスピード TOKYO CUSTOM で決まりです。