【安全整備士による完全組立・点検整備】FELT (フェルト) 2014年モデル F FRD

風に同化した自分に気付きます。
乗り心地の悪さにずっと我慢し続けていました。
見ておくことをおススメします。

【送料無料】FELT (フェルト) 2014年モデル F FRD【ロードバイク】【ロードレーサー(カーボン)】
【送料無料】FELT (フェルト) 2014年モデル F FRD【ロードバイク】【ロードレーサー(カーボン)】
販売価格 1,382,400円

※当自転車にペダルは付属しておりません。

ご注意ください。

レースを勝つために生まれたピュアレーサー。

ツールドフランスから週末のクリテリウムレース、ヒルクライムまでFシリーズは全てのレースで圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

プロチームのアルゴス・シマノが乗るフルカーボンモデルのF1からホビーレースで使うアルミモデルまで、Fシリーズは全てのライダーへスピードとパフォーマンスを約束します。

Fシリーズはレースのためだけのジオメトリーと最先端の素材、切れの良いハンドリングで高速コーナーを曲がり、坂を軽々と登り、一気に加速することができます。

トップチューブデザイン、ショートヘッドチューブ、フォークオフセット、ショートホイールベースなどすべてはレースで最高のパフォーマンスを発揮する設計になっています。

技術の全てを集めたカーボンフレームはペダリング時の剛性を高めるBB30、正確なコーナリングを可能にするテーパーヘッドチューブなどはもちろん、目に見えないフレーム設計も細部までこだわっています。

例えばカーボンフレームの製造コスト削減のために、多くのメーカーが異なるフレームサイズに共通の部材を使用していますが、Fシリーズのヘッドアングルはサイズごとに5種類、チェーンステーの長さも3種類展開することで、どんなサイズを選んでも最高のハンドリングを約束します。

さらにフレームパイプ1本ずつの幅や厚みをサイズや素材ごとに変更することで、最上位のF1でもキッズモデルのF95Jrであってもスタンディング、シッティング、スプリント、ヒルクライム、コーナリングの全てにおいて理想的なパフォーマンスを発揮します。

レースのためのFシリーズであなたにもっと多くの勝利を届けます。

最先端カーボン素材TeXtremeを採用するのはFELTだけ。

2013ツール4勝を支えた一台です。

カラー:マットカーボンサイズ:700c×510mm、700c×540mm、700c×560mm適応身長:510(160-170cm)、540(165-175cm)、560(170-180cm)※フレームカラーは実物と異なる場合があります。

●スペックフレーム:FELT Road UHC Ultimate+Textreme MMC カーボン, 電動専用フォーク:FELT Road UHC Ultimate+Nano カーボンモノコックヘッドセット:FSA NO.42 1.125”-1.5” インテグレーテッドステム:3T Integra LTD カーボンハンドルバー:3T Ergosum LTD カーボンシフター:SHIMANO Dura-Ace Di2フロントディレーラー:SHIMANO Dura-Ace Di2 直付リアディレーラー:SHIMANO Dura-Ace Di2クランクセット:SHIMANO Dura-Ace 53T/39Tボトムブラケット:FSA BB30 24mm spindle reducersペダル:n/aチェーン:SHIMANOフリーホイール:SHIMANO 11-25T 11スピードブレーキレバー:SHIMANO Dura-Ace STIブレーキ:SHIMANO Dura-Aceサドル:Prologo Nago CPC Nackシートポスト:3T Stylus 25 LTD カーボン, φ27.2mmシートポストクランプ:FELT チタンボルト, φ30.6mmリム:SHIMANO C24 Tubularタイヤ:Vittoria Corsa SC, 700c×23c参考重量:6.21kg(フレーム単体:720g)●UHC ULTIMATE+TeXtreme(UHC アルティメイト+テクストリーム)カーボンフレームにこだわるFELTは当然、より優れたカーボン素材への探求を常に続けています。

Ultimate+Nanoを見直し更なる進化を遂げたのが、「UHC ULTIMATE+TeXtreme」なのです。

「TeXtreme」はスウェーデンのOxeon社が開発し、F1や宇宙開発においても使われているカーボン素材でもあります。

この最先端素材は一般的なカーボン素材の様にカーボ ン繊維を編み込んだ織物状ではなく、テープ状の「スプレッドトウカーボン」です。

織物状だと繊維と繊維の間に隙間が出来るのに対して、TeXtremeは隙間がないため、より軽く、より強いフレームづくりを可能とします。

それだけではありません。

今までのユニディレクショナル(単一方向)カーボンが強度を確保するために、2枚のカーボン素材を重ねる必要があったのに対し、TeXtremeは最初から1枚に2方向のカーボンで構成されています。

つまり今までの強度を保ったまま、重量を半減する事が可能となったのです。

●UHC ULTIMATE+NANO(UHC アルティメイト+ナノ)Ultimate+Nanoはフレームの更なる進化のため、樹脂(レジン)をナノ化させる技術を導入しました。

ほとんどのカーボンフレームで使われる一般的なエポキシ樹脂は、カーボン繊維を結合する単なるバインダーとして使用され繊維の間に隙間ができてしまいます。

FELTのナノ技術は分子レベルで融合させることで極限まで隙間を圧縮しフレームの性能を高めています。

この技術を採用したことでさらなる軽量化を実現。

また国際規定により最低重量が定められていることから軽さよりも強さと硬さを選択。

軽量で最高レベルの剛性を持つフレームは、信じられないほどの耐久性を見せます。

●Modular Monocoque Construction(モジュラー モノコック コンストラクション)フロントトライアングル、シートステー、チェーンステーを個別に生産し、サマーセット・カーボンで接合してフレーム成型。

従来のラグ工法と比べて軽量で剛性も高く、美しい仕上がりが得られます。

●In Side Out(インサイドアウト)従来のモノコック工法は、フレーム成型時に余分な材質が、どうしてもコーナー付近に残留してしまうのが難点でした。

しかし、FELTではIn Side Outテクノロジーとダイナミック・モノコック工法を組み合わせ、成型過程においてチューブ内にポリウレタンを仕込むことで重量を増す余分な材料を極限まで削減することに成功、完璧な内部処理を実現しました。

●Control Taper(コントロールテーパー)●Internal Cable routing(インターナルケーブルルーティング)JID:J082483