SRAM (スラム) Red GXP 172.5mm 53-39T クランク 【自転車】

健康に良い事はもちろんですが、精神的にも満たされます。
乗り心地の悪さにずっと我慢し続けていました。
見るだけでも楽しめます!

SRAM (スラム) Red GXP 172.5mm 53-39T クランク 【自転車】
SRAM (スラム) Red GXP 172.5mm 53-39T クランク 【自転車】
販売価格 60,040円

(2017 SRAM )(2017 SRAMCRANK)(新品0124)■状態:新品 ■サイズバリエーション 165mm 46-36T 50-34T 52-36T53-39T 167.5mm 46-36T 50-34T52-36T53-39T 170mm 46-36T 50-34T52-36T53-39T 172.5mm 46-36T 50-34T52-36T53-39T 175mm 46-36T 50-34T52-36T53-39T 177.5mm – -52-36T53-39T ■スペック ・アーム素材:カーボン ・クランク長:165mm、167.5mm、170mm、172.5mm、175mm、177.5mm、 ・歯数:46-36T、50-34T、52-36T、53-39T ・対応:GXP ・スピード:11S ・重量 (172.5mm、53x39T、参考値): 609g 2005年にロードレーサー用コンポーネントへの本格参入を果たしたスラム。

「ダブルタップ」と名付けられた独自のインターフェースによって、瞬く間にシェアを獲得し、日本のシマノ、イタリアのカンパニョーロに並ぶコンポーネントサプライヤーとしてその地位を確かなものとしたアメリカンブランドだ。

2007年に発表された世界最軽量のコンポーネント「RED」は2009年、2010年ではアルベルト・コンタドールのマイヨジョーヌ獲得に貢献。

2014年のブエルタ・ア・エスパーニャでも総合優勝を始め、数々のビッグレースでの勝利を支えてきた。

2016年シーズンはAG2Rラモンディアールとカチューシャという2つのワールドチーム、そして発足したばかりの女子チームキャニオン・スラムレーシングへとコンポーネントを供給。

ジロ・デ・イタリアで活躍したイルヌール・ザッカリン(ロシア、カチューシャ)やドーフィネのクイーンステージで2位に入ったロメン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアール)らの走りをサポートしている。